着物関連情報

HOME着物の種類を知ろう

最終更新日:2017/11/20

着物の種類を知ろう

扇子

着物というのはちょっと堅苦しくてあまり着る機会がないという方も多いかもしれません。
たしかに最近では着物を着ている人はめっきり減ってしまい、京都や茶道をやっている人でもない限り、普段から着用して生活している人というのは少ないのではないでしょうか。
しかし、着物は日本人の生活から乖離してしまったわけではありません。
たとえば、夏のお祭りなどで着る機会の出てくる浴衣、あれも着物の一種です。
浴衣の素材は木綿生地になっているため、風通しも良くなっていますし、なにより単衣になっているところがポイントです。
通常の着物、留袖などは着物の裏側にも布が張られているのですが、これだと通気性が悪くなってしまいます。
一方単衣であればそれがありませんから、暑い夏やお風呂から上がったときでも快適に過ごすことができるのです。
他にも、成人式や大学の卒業式でも和服を着ている人を多く見かけます。
着物に帯を締めたスタイルの人もいますが、卒業式などでは袴姿の人を多く見かけますよね。
あれは明治や大正時代の女学生スタイルとなっていて、いわゆる着物よりは比較的新しいスタイルとなってはいるのですが、21世紀の現代から見れば、100年前の装いも充分古いですよね。
普段着としても使いやすい着物は、麻や浴衣に使われている木綿も一般的なのですが、最近では通気性や速乾性などを改良して強化したポリエステル繊維を使った着物というものも登場してきています。
これはユニフォーム素材にも使われていることが多いのですが、着物の素材に導入することで息苦しい夏場はもちろんのこと、着物で雨の日に出かけるときでも、湿気の不快感を抑えることができます。
ここまで素材の話をしてきましたが、やはり色や柄といったものも女性なら気になるところですよね。
一般的に礼装となる着物だと、いわゆる花鳥風月のような伝統的な柄が踏襲されているのですが、若い女性の感性にも合うように、かなり大胆な色使いの着物も登場しています。
洋服だと上下とも同じ色だとちょっとのっぺりしてしまいますが、着物は特性上、上下一体のコーディネートになっていますから、全身に模様や柄が入っていても違和感がないので、新しいお洒落の領域を開拓したい女性にとっては、着物はとてもおすすめできるものとなっています。
着物の通販サイトでは品揃えも豊富で、一定金額の利用で送料無料になるところも多いですから、着物購入の際はぜひ活用してください。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP