着物関連情報

HOME着物と帯のベストな組み合わせ

最終更新日:2017/11/20

着物と帯のベストな組み合わせ

可愛い女性

着物を着る時に欠かせないのが帯の存在です。
帯は体の中央に来るものですから、誰かと対面した時に真っ先に目に飛び込んでくるものですし、また帯の結び目がよく見える後ろ姿でも、結び目次第でかなり個性を出すことができるくらい、帯というものは和装コーディネートを考える上でとても重要なものなのです。
帯を結ぶ時、若い女性ならお母さんにやってもらうということもあるでしょう。
帯を結ぶだけなら、動画投稿サイトなどにあがっているマニュアル動画を見れば、見様見真似で結ぶことも難しくないかも知れません。
しかし、冠婚葬祭で使われるような帯は、柄や模様にこだわったものが多く見受けられます。
結婚式場やホテルで働くスタッフのようなプロであれば、結び終えた時に背中部分にその柄や模様がきれいに映えるように、上手く調整してくれるのですが、素人だとなかなか難しいこともありますよね。
着物の販売会社では、定期的に帯や着物の展示会を行っていることがよくあります。
こういったところで見学するついでに、上手く着付けをするコツなどを教えてもらえることもありますので、一度見に行ってみるのも面白いかも知れません。
冠婚葬祭で使う礼装用の着物というのは、ある程度パターン化されているので、着物と帯の組み合わせでそれほど悩むということは少ないかもしれませんが、最近出てきたいわゆるカジュアル着物だと、普段着でも使えるものがありますから、自由度が高い分、どういった組み合わせにするべきなのか、悩んでしまうこともあるでしょう。
もし着物が色無地のように、これといってデザインの入れられていない着物なら、帯は派手な柄、派手なカラーにしてもそれほど違和感が生じることはないでしょう。
それとは逆に、着物が浴衣のように華やかな色合いだった場合は、帯は別に地味なものを使っても問題はないでしょう。
ただ、それだと物足りないという女性もいるかも知れませんね。
そういった時は、帯のワンポイントとして帯留めを使うといいでしょう。
名前こそ「帯を留めるもの」となっていますが、どちらかと言えば装飾的な意味合いが強いのが帯留めです。
伝統的なものだと、花の形をしていたり、扇形のものもありますが、カジュアルな着物を販売する通販サイトでは、じゃれあう猫やサイコロといったユニークなデザインの帯留めもあります。
帯が地味な分、こういった帯留めをチョイスすれば、友人や知り合いから話のネタにしてもらえること間違いなしです。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP