着物関連情報

HOME簡単な浴衣の着付け方法

最終更新日:2017/11/20

簡単な浴衣の着付け方法

金髪の女性

黒留袖のような礼装向けの着物だと一人で着るのはなかなか難しいので、数人がかりで帯をぐっと引っ張ったりしてようやく着られるようになっています。
これがスキルの低い人だと、結婚式の終わりまで持たずに着崩れすることもあるのですが、プロにやってもらうと最後まできれいな状態を保ちやすくなります。
そう考えると、複雑な帯を使わない浴衣の方が、初心者でもとっつきやすい着物だと言えます。
そうは言っても、Tシャツやワンピースに比べると、若干手間がかかることに変わりはありません。
そこで今回は浴衣の着付け方法について簡単にですが解説していきます。
浴衣を着る際、意外と考慮されないのが下着の存在です。
夏祭りで着ていくといった場合は、ブラジャーなど洋服用の下着の上からそのまま浴衣を羽織ってしまうという人もかなりの数いるのではないでしょうか。
しかし、洋服用の下着は服の上からでもその形を自己主張してしまうというケースが少なくありません。
着物は胸を強調せずに、すっきりした見た目にした方が見栄えが良くなるのですが、ここでブラジャーを使ってしまうとせっかくの浴衣のラインが崩れてしまい、上手に浴衣を着こなすときにはあまりおすすめしません。
そこで役に立つのが和装用のブラジャーです。
これは胸が強調されないようにしてくれるので、浴衣との相性は抜群です。
これは通販サイトでも買えますが、もし手元にない、あるいは買う時間がないという場合はスポーツブラで代用することもできます。
そして下半身には襦袢を着けるのがいいのですが、これもいきなり用意しろと言われても困るという時は、キャミソールなどを使っていただいても構いません。
ここまで準備ができたら、いよいよ浴衣を羽織ります。
浴衣の裾はそのままだと地面にこすれるので、やや持ち上げた状態で左右を合わせます。
大事なのは下半身を中心に整えることです。
持ち上げると、上半身部分はちょっとダブつきが出るのですが、これは後でいくらでも調整できます。
ここまできたら、今度は腰ひもを結びましょう。
そうすると、お腹周りの布が少し余りますから、シワを伸ばすような形で下に伸ばしていき、そこへさらにコーリングベルトを使って浴衣が乱れるのを防ぎます。
あとは帯を締めて完成なのですが、結ぶのが面倒な人のために、マジックテープで簡単に留められる便利な帯も販売されています。
今回紹介した下着や便利な帯は通販サイトで簡単に買うことができますので、ぜひ参考にして浴衣を着てみましょう。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP