着物関連情報

HOME着物を着る場ってどんなとこ?

最終更新日:2017/11/20

着物を着る場ってどんなとこ?

帯

着物はかつての日本人からすれば普段着でしたが、最近ではお祝い事など一部のシーンでしか使われなくなっています。
着物の活躍する場面がいま最も多いのは、結婚式、その次に成人式でしょうか。
結婚式でもドレスのほうがラクなことから、新婦も式が終わるまでずっとドレススタイルで通したり、親族や母親も着付けが面倒だから同じくドレスで済ませるということも珍しくなくなっています。
また、成人式でも着物はレンタルで済ませるので、若い人からすればちょっとしたコスプレ感覚で着る服といった側面が強いのかも知れません。
しかし、こういう限定的な利用状況が続くと、着物販売会社も売り上げがなかなか上がりませんから、もっと着物を着てもらえるようにと、カジュアル着物といった商品が多く出されるようになっています。
こちらは素材を見直したり、若い人が使いやすいようにモダンな色柄にするなどして、ともすればハードルが高いと感じがちな着物を身近なものと思ってもらえるように、さまざまな工夫がなされています。
例えば素材ですが、着物の素材と言えばだいたい絹、麻、木綿というのが一般的です。
言うまでもなく絹が最も高級で、麻や木綿が普段着用といった位置付けなのですが、この中に新しく加わったのがデニム素材です。
デニムは言うまでもなくジーンズに使われている素材ですが、これを着物に応用したという画期的な製品がデニム地着物なのです。
デニムだからと言って、青や紺ばかりではなく、ピンクやグレーといったカラーリングも用意されています。
また、その渋い風合いから男性の普段着としても問題なく使えるようになっています。
着物の大敵と言えば雨です。
着物で雨の日に出かけるとなると、肩や袖、あるいは足回りが濡れてしまうと、かなりテンションが下がってしまいますよね。
通常の着物なら汚れてしまうと、専門のクリーニング店に持ち込むよりほかありませんが、デニム素材の着物はなんとそのまま丸洗いができてしまいます。
これなら雨が降ろうが、雪が降ろうが、汚れを気にせず着物でお出かけできます。
以上、これまで見てきたように、着物は一時期イベント専用の服といった扱いを受けていましたが、近年では洋服よりも着心地がよくてデザイン性の高い着物も増えてきています。
あなたも普段のレパートリーに着物を一枚プラスしてみてはいかがでしょうか。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP