着物関連情報

HOME着物に合わせる小物について

最終更新日:2017/11/20

着物に合わせる小物について

笑顔の女性

着物と言えば、着物本体と帯が見た目的にもかなり目立ちますから、購入する際にもついついそちらばかりに注意が行ってしまいます。
ですが、派手な色柄ものならともかく、普段の外出用として使うような色無地だと、控えめなスタイルになってしまいます。
これだとお洒落としてはややインパクトに欠けます。
年齢的にそこまで派手なものは望んでいないという方でも、ちょっとした小物の組み合わせ次第で、趣味の良さをアピールすることもできますから、面倒くさがらずに良い小物を選んでおいた方がいいでしょう。
小物と聞いて真っ先に思い浮かぶのが草履です。
見られていないようで意外と見られているのが草履。
男性ビジネスマンも靴の趣味で男の価値が計られることもありますが、それほどではないにしても、せっかく和装コーディネートをするのなら、足元にも気を遣いたいところです。
草履にも昔ながらのデザインのものから、ビーチサンダルにもなりそうなカジュアルなもの、あるいは踵部分を上げたヒールのあるものなど、たくさんの種類があります。
草履自体はそこまで高いものではなく、通販サイトをチェックすれば新作でも意外と安い値段で売られていますから、着物と帯にお金を使ってしまった場合でも、プラスして購入できるので安心です。
次に重要なのが半衿です。
半衿は長襦袢につける衿のことで、もともと汗などの汚れが着物につかないようにするものでしたが、今はオシャレ目的でつけるのが一般的です。
顔の次に視線の行く首回りに半衿はつけるわけですから、脇役のようで意外と目立つ存在です。
こちらも最近はカジュアルな柄が増えていて、花や鳥や犬、面白いところだとパイナップル柄の入った半衿もあります。
最後に紹介したいのが帯留めです。
ドレスコード的にあまり派手な装いでは行けないけれども、地味な格好で行きたくないという時に帯留めは活躍します。
帯留めは帯につけたヒモを留めるものですが、帯の正面に来るため、たとえ小さなものでも目立ちます。
これが飾り気のない帯だと余計に映えるので、帯留めにこだわる人はあえて控えめなデザインの帯を選ぶこともあるくらいです。
帯留めのデザインは、こちらも半衿同様オーソドックスな花や鳥といったものが多いのですが、着物の通販サイトのなかにはパンダや雪だるま、あるいは蝶々など、現代人の感性にも合うような、ポップでかわいいデザインの帯留めも販売されています。
帯留め自体はそれほど高くないので、複数買っておくのもいいかも知れません。
このように、マンネリ化した和装ファッションも小物を活用すれば、いくらでも幅を広げることができます。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP